allurl のすべての投稿

事故を起こしてしまったときの対処方法とは

宮古島の観光をする人も増えています。沖縄本島よりも、海がきれいだったり、のどかだったりするので、何度も訪れたくもなるようです。
そんな宮古島を観光するときには、レンタカーも借りた方が行動しやすくなります。ところが、もしも事故ってしまった時には、どうしたらいいのか見ていきましょう。

■人命救助と検察を呼ぶこと
もしも、自分が事故を起こした場合、真っ先にするのは人命救助です。怪我された方の救助や救急車の連絡をいち早くしてください。そして、警察を呼ぶことも忘れてはいけません。
ついつい、相手がいいよと言うのでその場で示談なんてしがちです。しかし、後からやはり車の調子が悪いから、修理代払えなどトラブルにもなりがちです。また、体調悪くなったから、医療費請求されるトラブルもあります。
示談はせずに警察も呼んでください。そして、レンタカー会社へ連絡をしましょう。

また、警察を呼ぶには実は、保険を使うために必要にもなってきます。というのも、事故証明書がレンタカーの保険の際に必要となるからです。これがないと保険が使えなくなり、借りた人が全額負担にもなるかもしれません。警察を呼ぶのはあとあとのトラブル回避や保険のためになり、自分のためにもなるのです。

■お金の支払いもある?
保険で車の修理はできますが、それとは別に事故のためにレンタカーが使えなくなると、それに対する補償をしなければなりません。
実は事故で車が動かなくなると5万円、動いたとしても修理で貸出しできなくなるときにも2万円の支払いが発生してしまいます。

こうした支払いがあることは、レンタカーを借りる前に必ず説明が行われます。
確かに痛い出費ともなるので、事故を起こさない、巻き込まれないように注意しましょう。

■素直に申告すること
事故ったといっても軽く擦った、少し傷がついただけなんてこともあるでしょう。返すときには素直に擦ったことや傷つけたことも報告しておきましょう。
あとあとのトラブルも避けるためです。

宮古島は交通量は少ないとはいえ、レンタカーでは事故を起こさないように細心の注意を払いながら運転しましょう。

レンタカーを借りる際にはカーナビ付きのものを選択しよう

宮古島の交通事情がどうなのか分からないということもあり、車を運転できる人がいるのであればレンタカーを借りた方が自由に移動できます。何よりも自分たちの行きたいタイミングで主要な観光地まで行くことができるというのは何よりも魅力です。しかし、観光客は宮古島の主要な観光地の行き方について分からないでしょうから、できることならカーナビ付きの車を選択するようにしたいものです。

■カーナビ搭載の車を選ぶべき

レンタカーで借りることができる車は大抵の場合、カーナビが搭載しているケースが多いです。しかし、カーナビが搭載していないということもあるようですので、その場合はオプションとしてカーナビ搭載のものを選択しましょう。

標準装備ではなくオプションであれば追加料金が取られますが、それでもカーナビがついていた方が安心して宮古島を移動することができるのではないでしょうか。カーナビの代用としてGoogleMapsなどを使用することがあるかもしれませんが、地図が更新されていないなどのことがあったりしますので、それでは安心できないです。

■道に迷ってしまう可能性がある

宮古島の島内はこれと言って目印になるような建物があるわけでもありませんし、同じような風景や建物が並んでいるということもあって、観光客が車を運転するととても迷いやすいです。特に宮古島の市街地ではなく、島の外れになると案内標識が見当たらないので、余計に迷いやすいという事情があります。

ひとたび迷ってしまうとなかなか戻ってこられないということもあるのではないでしょうか。それを防ぐためにもカーナビが必要となるわけです。カーナビのナビ機能をうまく活用することで、目的地までたどり着くことが可能になります。

■宮古島をドライブするならカーナビ搭載の車がいい

宮古島を観光するならばレンタカーは欠かせないと言えるでしょう。観光地に行くためにはレンタカーを利用するのがよく、さらに言うならカーナビ搭載の車のほうが道に迷わずに済みます。

キャンセルについては早めが一番

観光でレンタカーを借りたいと言う人も多いでしょう。沖縄だとモノレールもありますが、地域も限られていますから車を使わないといけません。
離島だと車となってしまいます。そして、観光シーズンの真っ只中だと、予約をとるのすら大変です。
宮古島でも予約も殺到していますから、早め早めの予約が大切です。

■せっかくとったのにキャンセルも
とはいえ、いろいろな事情なとで急遽キャンセルをしなければならないときも出てきます。そんなとき、どうしたらいいのか気になりませんか。
さらに料金がどうなるのか気になるでしょう。

まず、キャンセル料についても発生する時期が変わってきます。まず7日前までにキャンセルする場合には、料金はかかりません。
次に3日前までだと、総料金の20%がキャンセル料となり、支払うこととなります。
そして利用する前日だと、総料金の30%を支払うこととなります。
最後に当日となると、総料金の50%を支払うこととなります。

おおよそこのように、日にちと料金の何%という具合で料金体系が決まっていることがほとんどです。詳しくは各レンタカー会社のホームページでチェックしてください。かならずキャンセルについては利用規約やキャンセルについてという項目や質問箱などで、説明が記載されています。

■やり方は電話かインターネットで
キャンセルの手続きも、インターネットでできるところとできないところと分かれています。
キャンセル料金や支払いも気になるところですので、電話の方がいいでしょう。気になることは、すべて確認をすることをオススメします。

また、レンタカー会社によっては予約の変更も実はキャンセルをしてから、再度予約の取り直しもあります。そのときもキャンセル料金を一旦支払いしなければならないケースもあるので、要注意です。

■安易に予約しない
やはり早めに押さえたいからと、安易に予約すると、あとあとキャンセル料金も発生する可能性も出てきます。なるだけ確実に利用するときに、予約することが一番です。
もしもキャンセルするのであれば、すぐに連絡するのが一番です。

ガソリンもチェックしながら走ろう

普段車を運転しているとき、ガソリンはこまめにいれていますか。通勤路や通学路などの途中にあると便利ですが、ないとわざわざよらないと行けないので、面倒なときもあります。また、誰でもガソリン少ないのに、ガソリンスタンドが見つからなくて焦ったなんてこともあるでしょう。
ガソリンも車の運転では、こまめにチェックも必要です。
ではレンタカーを運転するときのガソリンのポイントも見ていきましょう。

■宮古島観光の場合には
今だと宮古島も観光スポットとして、人気も高いです。そんな宮古島だと、やっぱりレンタカーがあった方が得です。
そんなレンタカーも最新型式のものなどが多く、その結果燃費がいいものが多いです。
それに加えて、交通の流れもスムーズですから、燃費のいい運転もできそうです。渋滞が少ない、また停車が少ないと燃費もよくなる傾向にあるので、宮古島だと、スピードの出しすぎとかしなければ、結構ガソリンも自然と長く持つようです。

■ガソリンスタンドは週末は休み?
沖縄本島だと至るところにガソリンスタンドもありますし、24時間営業やセルフもよく見かけます。
しかし、宮古島だとその数も減りますし、宮古島市から離れていくと、だいぶガソリンスタンドが見かけなくなります。ガス欠にならないように、早めから入れておくようにしましょう。

ガソリンスタンドについていうと、本島のように24時間営業しているところも少なかったり、また日曜日など日によっては定休日もいうところもあります。レンタカーを借りるときにガソリンスタンドについても聞いておくと、スムーズにいつでも給油できるようになるでしょう。

■値段はどうなってる?
ガソリンの値段も本土よりも安いところが多いです。しかし、セルフよりもスタッフがいれるところも多いので、普段からセルフの人は、少し高く感じるかもしれません。

とはいっても、タクシーを使うよりはレンタカーも安くすませられたりします。それにガソリン代を加えても得です。
あとはガソリンも気をつけながら、走りを楽しんでみてください。

オプションを使えばより快適に乗れる!

車を運転するときには、あれがあったら、これがあったらと思うことありませんか。無くてもいいけど、あったらより快適に運転できることもあります。
また、子供連れや一人など、状況によっても必要なものも変わります。
レンタカーでも、やはり状況によってあった方がいいものもあります。宮古島のレンタカーではそうしたものは、オプションサービスとして提供されているのです。

■子供向けのものから
オプションを使う機会というと、子どもがいるときに多くなります。
赤ちゃんや幼児がいると自然と必要となるものに、ベビーシートやチャイルドシートがあります。6歳くらいまでは必要となることも多いので、これらはレンタカー会社のオプションをぜひ使いましょう。1日500円ほどで使えるので、それほど負担にもなりません。

また、赤ちゃんがいるときには抱っこして観光スポットを見て回るのも大変です。そこでレンタカー会社では、ベビーカーを用意していることもあります。これも1日500円など安いので、ぜひ借りて楽しながら、観光スポットを見て回りましょう。

■アクセサリーとしてもいろいろと
あと、あった方が便利になるというものでは、充電器です。外出していてスマホのバッテリーが切れるとなかな気になるものです。オプションで充電器も貸し出ししていて、これを使えばスマホはもちろん、タブレットやデジカメ、パソコンなんてのも充電できて、便利です。
次にpocketWi-Fiです。あるとやはりスマホやタブレットも使えて、便利です。都市部から離れると、Wi-Fiも使えなくなるので、借りてみるといいでしょう。
また、タブレットも借りられるので、これだとスマホよりもみやすくて、情報もゲットしやすくなります。

■その他にもいろいろと
その他には、マリンスポーツをする人や海に行く人に向けて、ライフジャケットやフィンやシュノーケル、浮き輪やパラソル、空気いれ、テント、クーラーボックスなどあります。
これらを借りれば海で楽しめそうです。他にも芳香剤や初心者マーク、カメラもあります。

これらのオプションを使って、もっと宮古島の観光やレンタカーの運転を快適にしましょう。

せっかく観光するなら現金もあらかじめ用意しておきたい

せっかく観光をするのであれば、現金をあらかじめ用意しておきたいところです。ただ現金を持たずとも、都会であれば電子マネーやクレジットカード、デビットカードを使用できるところがあるでしょうし、身近に銀行などのATMがあります。必要以上に現金を持って行くのを怖がる気持ちは分かります。実際に宮古島を観光する場合はどうなのでしょうか。

■クレジットカードが使えるところはある

クレジットカードを使うことができるのであれば、それを使う方が便利だということがあるでしょう。宮古島は観光地ということもありクレジットカードを使用できるようなところは思った以上にあります。ただ、地元民が普段使うような個人商店や観光名所などでの細かい支払いなどではクレジットカードが使用できませんので、その場合は現金が必要になります。クレジットカード派の人であっても必要な現金は持っておいたほうが身のためです。

■イーネットATMがある

沖縄の金融機関の銀行口座があるならば、その銀行のATMを使用すればいいですし、ゆうちょ銀行の銀行口座があるのであれば、郵便局に行ってATMを使用すればいいです。ただし、郵便局に行けば必ずしもATMがあるかというとそういうわけではなく、簡易郵便局の場合はATMが無いわけです。

他の金融機関の銀行口座があるならば、ファミリーマートやドン・キホーテにあるイーネットATMを利用することにより、お金を下ろすことができます。ファミリーマートであれば24時間利用できますし、ドン・キホーテであれば営業時間以内なら利用できます。ただ、利用手数料や時間外手数料がかかるという点には注意してください。しかし、市街地を離れるとイーネットATMが無くなりますので、必要な時に現金を用意しておくべきです。

■現金は必要に応じて下ろしておいたほうがいい

宮古島をドライブする時に現金が必要になる時があり、その時のために現金をあらかじめ持参しましょう。必要な時はファミリーマートかドン・キホーテに行って現金を引出せばいいです。

ここを注意しながら運転しよう!

ドライブするのが好きな人も多いでしょう。走っていると気分転換にもなります。ドライブも、旅行先だともっと楽しめそうです。
そんな旅行先で沖縄は、昔から人気が高いです。さらに人気が高まってきているのが宮古島です。
そんな宮古島をレンタカーで走るときの注意点やポイントを見ていきましょう。

■速度を出しすぎない
宮古島の場合、都市部と言えば宮古島市となります。その他にも村もいくつかあります。離島もあって村へいくと、道もますます空いてきますし、また信号も少なくなってきます。そうなると、ついついスピードも出したくなってきます。一車線の道も多く、夜だと街頭も減るので、スピードを出すと危ないです。宮古島でも事故も起きています。
交通量が少ないからといって、知らない道となるときにはスピードも出しすぎないように気を付けましょう。

■飲酒運転はしない
交通量が少ないですし、また都市部だと居酒屋も多く、ホテルまで近くだからとついつい飲んだのにレンタカーで帰るなんて気持ちにもなります。
とはいっても、飲酒運転で警察に捕まることもあります。せっかくの旅行も台無しになりますし、万が一事故を起こしては大変です。どんなときでも飲酒運転はしないようにしましょう。

■カーナビの使い方は聞いておこう
今のレンタカーは、カーナビも当たり前です。しかし、地図が最新かどうかは分かりません。また使い方も機種ごとに変わります。
なので、出発前には必ず操作説明を受けておきましょう。意外と出発してから使い方がわからなくて、スマホや地図を見て目的地にいったなんて失敗談も聞きます。使い方も聞いておきましょう。

■ガソリンはこまめに入れておこう
離島だと、ガソリンスタンドも数が限られてきます。やはりガス欠が怖いところです。楽しく乗っていたら、いざというときに探せないことも珍しくありません。どのみち、返すときにも入れないといけませんから、こまめにいれておく方が正解なのです。

宮古島ならではの注意点やポイントを気を付けながら、楽しく運転していきましょう。

いろいろなタイプの車に乗れる!

あなたは、普段どんな車に乗っていますか。車も何人乗るかや誰と乗るかで、車の選択も変わってきます。また、燃費や長持ちを考えると新車、予算を考えて中古車などいろいろと考えることも多いです。
それはレンタカーでも同じです。その考えに対応できるよう実は、レンタカーで乗れる車のタイプもいろいろと用意されているのです。

■普段乗れないタイプに乗ってみる!
普段、なかなか他の人の車を運転なんてする機会はありません。なので、買った車を運転することばかりになります。
あの車良さそうだけど、乗り心地どんなかなという感じで、いろいろな車種を乗ることは少ないはずです。

レンタカーだと、そんな普段とはことなり、普段は乗れないような車に乗ることも可能です。それもある意味、レンタカーの楽しみといえます。
宮古島のレンタカーでも、実はオープンカーや外車にも乗ることが出来ます。オープンカーだといかにも観光気分が味わえて、より宮古島にきたことを実感できそうです。
ベンツやフォルクスワーゲンといった車を用意しているところもあるので、ぜひ乗ってみるといいでしょう。

■少人数から大人数まで
また、レンタカーを選ぶときには何人で乗るかもポイントです。1〜5人までならば軽自動車やコンパクトカーがよいでしょう。
タイプも豊富ですし、また軽自動車でも広々として乗り心地もよくなっています。軽自動車だからと敬遠しないでください。

5人以上となればミニバンやバンなど、大きめの車も選ぶことが可能です。
大型車の場合には、運転歴やペーパードライバーでないかなど聞かれることもあるかもしれません。軽自動車やコンパクトカーよりは運転スキルも注意も必要となってきます。

■取り揃えているタイプは異なる
レンタカー会社により、取り揃えているタイプは変わります。なので、いろいろと比較しながら、選ぶといいでしょう。その時には、運転歴やスキル、人数も忘れてはいけません。
レンタカーの車のタイプを選ぶのも、レンタカーの楽しみのひとつと言えるのです。