allurl のすべての投稿

路線バスの本数が少ないので、宮古島ではレンタカーを借りて移動しよう

今やバス路線において需要があるところについては本数や路線数が多くなりますが、地方になればなるほど本数が少なくなるという傾向があります。もしかすると、1日に1本というような路線もあるのではないでしょうか。宮古島においても路線バスは走っているわけですが、本数がそれほど多いというわけではありません。そうであれば、レンタカーでの移動を前提においた方がいいでしょう。

■バスの本数はとても少ない

宮古島の島内にはバス会社が3社あり、路線数が9系統あります。路線数が9系統ありますが、観光客のために設計されているわけではなく、生活に根差した路線が多いということです。そのため、通学時間帯は本数がそれなりにありますが、日中は2時間おきということも十分にあり得ます。学校が休みに当たる土日祝日になるとさらに本数が少なくなります。

バスを使って移動するのは、車の免許がない学生たちもしくはご老人が中心です。観光客が乗ったとしても全然おかしくはないわけですが、かなり珍しがられたりするほどです。

■レンタカーのほうが自由に回ることができる

運転免許がないのであれば、バスやレンタサイクル、タクシーなどの利用をしないといけないわけですが、免許があるならばレンタカーを借りて移動をした方がまだ自由に効率的に回ることができるのではないでしょうか。

観光客にとってバス路線がそれほど使えるものではないということであれば、自分たちで自由にいろいろなところをまわったほうがましだと思うのは無理がありません。自分たちのペースでじっくりとレンタカーで移動をするということは、それだけ宮古島観光を楽しむことができるということでもあります。

■運転免許がある人ならレンタカーのほうがいい

宮古島の路線バスは路線数はそれなりにありますが、本数はそれほど多いわけではありません。運転免許があるならばバス路線に影響されながら観光をするよりは、レンタカーを借りて自分たちのペースで廻ったほうが十分に楽しめるのではないでしょうか。

海の色がきれいな来間大橋をドライブするのもいい

宮古島には離島をつなぐ大橋が3つあります。その中でも今回紹介する来間大橋は橋から見える海の色が絶景と呼ばれています。橋の長さは全長1,690mで、宮古島と来間島をつないでいます。今まで船でしか行くことができなかった来間島へも車で行くことができるようになっています。宮古空港からレンタカーを借りて車で15分ほどで行くことができますので、ぜひとも海のきれいさを確かめてください。

■歩道があり徒歩で渡ることができる

来間大橋は何といっても端から見下ろしたときにそこから見える海の色がきれいということで評判になっています。それはなぜかというと、宮古島と来間島の海峡は流れが速く常に水が循環しているために、とても透明度が高くなっているからです。さらに、適度に深いために、いかにも海の色に吸い込まれるような感じがするのではないでしょうか。

橋の上を車で渡るというのもいいかもしれませんが、そこで止めることは交通違反になります。せっかく歩道がついていますので、宮古島側の前浜農村公園の駐車場で車を止めてから、来間大橋を徒歩で渡ってみるとさらに近くから海の風景を眺めることができるでしょう。途中に展望台があって座るところまでありますので、じっくりと楽しむといいです。

■竜宮城展望台で絶景を楽しむ

車で来間島に入ったのであれば、丘の上にあるお城のような竜宮城展望台と呼ばれる3階建ての建物がありますので、前島ビーチや来間大橋、伊良部島の全景、並びに全面に広がるエメラルドグリーンの海を見るというのはいかがでしょうか。トイレやお土産物屋、休憩スペース、カフェなどもありますので、そこで見る絶景を楽しんでみてください。

■海をじっくり眺めたいなら来間大橋がオススメ

宮古島には大橋が3つあり、その中でも来間大橋は海の色が透き通ったエメラルドグリーンのように見えます。車で来間島まで渡ってしまうのもいいですし、手前で車を止めて徒歩で渡るというのでも楽しいのではないでしょうか。

比較的運転がしやすいのでレンタカーを借りるのがいい

宮古島に旅行に行って周遊するのであればレンタカーを借りた方がいいでしょう。都会に比べると交通量は少ないですし、ペーパードライバーや免許を取って間もないという人であっても交通量が少ないので、法定速度を守りさえすれば自分たちのペースで周ることが可能です。運転に不安があるならば自分よりも上手な人と一緒に連れて行けばいいでしょう。

■交通量が少ないので運転がしやすい

宮古島においては島の中心街である平良や他の島にかかっている大橋周辺を除いたら、それほど交通量が多いというわけではありません。交通量が少ないということは十分に自分たちのペースで法定速度を守りながら行くことができるということです。

都会でなかなか運転する機会が無かったり、運転免許を取ってまだ運転する機会に恵まれなかったりするならば、宮古島に行って運転するのもいいのかもしれません。運転に慣れるという意味においては向いている場所でしょう。

■見晴らしが良くて周りが見渡しやすい

宮古島はずっと同じような風景が続きますし、とても見晴らしがいいので、非常に運転がしやすいという風に思うのではないでしょうか。昼間であればその恩恵を受けることができますが、夜間はそれほど街灯があるわけではないのでそこのところは気を付けてください。

■きれいな風景に見とれない

宮古島をドライブすると周りの風景や海がきれいだなという風に感じてしまうのは無理がないことでしょう。しかし、風景に見とれてしまうと運転がおろそかになってしまったりしますので、それは止めておきましょう。宮古島で有名な3つの大橋がありますが、海を見るために大橋の途中で車を止めるのは止めてください。

■運転がしやすいのでレンタカーを借りた方がいい

宮古島はそれほど交通量があるというわけではありませんので、運転に慣れていない人がレンタカーを借りるというのも別に悪くない選択です。見晴らしが良くて運転がしやすいですが、美玲な風景に見とれることが無いように気を付けてください。

日本一長い橋である伊良部大橋は魅力ある場所である

今まで伊良部島に関して言えば宮古島からフェリーで行ったわけですが、2015年1月31日に伊良部大橋が開通したことをきっかけとなり、伊良部島へはレンタカーを借りて車で行くことができるようになっています。伊良部島に行くだけでなく、隣接している下地島や伊良部大橋そのものについても十分に楽しめるのではないでしょうか。

■伊良部大橋は国内最大の長さを誇る

伊良部大橋の長さは全長3,540メートルということもあり、今まで国内最長だった新北九州空港の連絡橋の2,100メートルを超えたというわけです。宮古島には3つの大橋がありますが、その中でも非常に長い大橋だということです。宮古空港からも車で10分ほどで来ることができますので、伊良部島とのアクセスも良好です。

橋の上を通る時には曲線を描いており、高低さが多少あるのが特徴です。無料で渡ることができ、車だけでなくバイクや自転車、徒歩でも渡ることができます。どういう手段で渡ったとしても宮古島の海を眺めると気持ちよく感じます。場合によっては下地島空港からの訓練機が伊良部大橋を通る場面が見られたりしますので、そういうものを見れたら貴重に思うでしょう。

■牧山展望台で伊良部大橋を眺めてみるのもいい

伊良部島側にある牧山公園内にある牧山展望台は伊良部大橋だけでなく宮古島や来間島、池間島を眺めることができるスポットとして、多くの人が訪れています。公園内で休憩をするのもいいでしょうし、展望台で宮古ブルーを感じるのもいいのではないでしょうか。展望台だけでなく自然の中を散策することもできます。展望台からは360度のパノラマの景色を楽しむことができますので、宮古島のことを十分に堪能できるでしょう。

■伊良部大橋は長くて海が堪能できる

伊良部大橋や下地島や伊良部島の住民たちにとっては念願の大橋です。日本一長い橋ですので、レンタカーを借りて渡ったとしても十分に楽しめるでしょう。実際にレンタカーで渡って伊良部島や下地島を堪能するのもいいでしょう。

急きょ予定を入れるなら、雪塩ミュージアムに行ってみては

皆さんは宮古島でしか作ることができない雪塩をご存知でしょうか。雪塩というのは隆起サンゴを元にして作られた宮古島ならではの塩のことを言います。具体的には雪塩ちんすこうや雪塩石鹸などの形でいろいろなものに使用されています。宮古島で雪塩が作られていますが、そこでの製造過程が見学出来たり、雪塩グッズが購入できたりする雪塩ミュージアムがあります。

■雪塩とはどういうものか?

雪塩というのは宮古島でしか製造されていない塩です。宮古島の海で生まれた雪のようなパウダー状の塩は地下海水を使って製造されます。粉雪のような美しさやきめ細かさなどを雪塩という形で評しています。雪塩ミュージアムに行くと製造過程やどういう製品かなどが分かります。

■ガイドが製造過程や製品情報などを教えてくれる

雪塩を製造している工場が雪塩ミュージアムという形で展開しています。ここでは無料で見学をすることができて、1人であってもガイドが雪塩のことについて解説してくれますので、非常にためになる話をしてくれます。事前に予約する必要もありませんので、レンタカーを借りて時間が空いたときや雨が降った時に行くといい暇つぶしになるのではないでしょうか。

■お土産を買うにもふさわしい

雪塩ミュージアムの敷地内には雪塩グッズが購入できる場所が併設しています。ここであれば製造している場所になりますので、いろいろな商品が並んでいます。具体的には雪塩を使ったお菓子や調味料、化粧品などがあります。意外といろいろと商品があるなあということに気づくのではないでしょうか。ここでお土産として雪塩グッズを購入するというのもいいのではないでしょうか。工場前のパーラーには雪塩ソフトクリームもあります。

■雪塩ミュージアムに行くのもいいかも

宮古島の定番お土産として雪塩グッズがあります。雪塩が製造している工場に併設している雪塩ミュージアムは工場見学ができますし、グッズが購入できますので、雪塩のことがよくわかるのではないでしょうか。

宮古島に行くための服装はどういうものがいいのか?

宮古島は沖縄本島よりも南西に300キロ離れている離島です。沖縄本島も暖かい場所ではありますが、宮古島はもっと暖かい場所だということが言えるでしょう。そうした時に、年中本州に比べれば暖かいということが言えるわけですが、冬場であっても半袖で過ごすことができるのかどうか気になるところです。宮古島の年中の気候と併せてふさわしい服装について解説いたします。

■冬場でもせいぜい20度を切るくらい

宮古島の中でも気温が低い時期というのは冬場の12月から2月ではないでしょうか。本州であれば一桁気温の日も多いわけですが、宮古島の場合はその頃の平均気温が18.7度ということもありますので、それほど寒くないということが言えます。

ダウンジャケットやマフラーまでは必要がありませんが、トレーナーやジャケットなど一枚羽織るものを持って行くのがいいでしょう。せいぜい薄手のコートなどがあればいいのではないでしょうか。

■夏場はマリンスポーツにふさわしい

夏場になると暑いなあという風に思うくらいです。海の底が透き通って見えるくらいに透明な海は宮古ブルーとも呼ばれていますので、さまざまなマリンスポーツで楽しむことができるでしょう。いかにも半袖短パンというような姿でもいいくらいです。この時期に観光客が訪れる人が多いですので、レンタカーを借りるならば早めに予約を入れておいたほうがいいです。

■台風に注意するべき

7月から10月頃は台風のシーズンでもありますので、台風の影響については天気予報を確認したほうがいいです。台風の通り道に当たるのであれば、観光において大きな影響が出てきますので、事前に確かめておきたいポイントです。

■気候に応じて服装を選ぶべき

宮古島は年中暖かくて天気がいいです。冬場でも下がる時はせいぜい15度ぐらいぐらいですので、一枚羽織るものがあれば安心です。夏場であれば平均気温が30度を超えますので、暑さおよび紫外線対策をしっかりとしましょう。

宮古島に来るならレンタカーは予約しておこう

沖縄も国内でも人気の観光地です。さらに沖縄の各離島も、年々人気が高まっています。沖縄に来たついでにから、もはや最初から各離島を目的にという感じになってきました。
その離島でも人気があるところと言えば、宮古島です。これから行ってみたいという人は、レンタカーは借りるようにしましょう。

■なぜ借りる必要があるの?
本土だと、観光地だとバスやタクシー、電車などアクセスも充実しています。宮古島となると、電車はありません。バスやタクシーもありますが、数も少なかったりします。また、都市部の宮古島市から離れていくと、バスのとおる頻度も減っていくので、なかなか思い通りに移動できなくなってしまいます。タクシーだと料金もかかってしまいます。
こうしたことを踏まえると、レンタカーを借りていた方が、時間も気にせずに移動もできて、お金も実は節約になっていいと言えそうです。

■観光スポットも離れている
結構宮古島の場合、観光スポットも離れていることもあります。宮古島自体は、半日もあれば島一周できるのですが、やはりレンタカーがないと、ここから次の観光スポットへ行くのは手間がかかってしまいます。
観光するには、レンタカーはあった方がお得と言うわけです。

あと、お土産物も観光スポットで買うでしょうが、あちこち回ると持ち運びにも大変になってしまいます。タクシーやバスだと乗り降りも大変ですし、バスだと他の人へも気を使わないといけなくなります。自由にお土産も買いたいとなると、レンタカーがあると運ぶのにも気を使わなくていいのです。

■運転はしやすい
レンタカーを借りてドライブするのも、やはりいい思い出にもなるでしょう。ドライブも楽しいですし、途中思いがけないところへ寄り道もできるなど、楽しみも広がりやすいのはレンタカーだからこそです。
宮古島も交通量も少なくて、比較的運転は初心者でもしやすいので、安心して運転できます。

宮古島へ行くのが決まったら、早めからレンタカー予約をしておきましょう。

宮古島にコンビニは存在するのか?

宮古島をレンタカーを使ってドライブする時に気になるポイントと言えばコンビニの有無ではないでしょうか。都会の感覚で言えば、すぐにコンビニがあって便利だなという風に思うわけですが、離島である宮古島の場合はどうなのでしょうか。今回は宮古島のコンビニ事情について紹介していきます。

■コンビニは市街地に存在する

宮古島のコンビニに関して言えば、市街地を中心にに20店舗弱存在しています。市街地を普通にドライブしていればコンビニが意外とあるなあという風に思うのではないでしょうか。おまけに24時間営業しているコンビニが中心ですので、いつでも行けば空いているというわけです。

昔であればホットスパやココストアなども存在していましたが、撤退や吸収合併によってファミリーマートしか存在していません。つまり、宮古島のコンビニと言えばファミリーマートだということが言えるわけです。ただ、市街地から外れるとコンビニだけでなくスーパーですらなくなりますので、周辺部に行くということであれば、事前に買い出しなどのためにコンビニに寄っていきたいものです。

■現地のものが販売されている

コンビニの品揃えは本州のものと見劣るというほどではありません。ただ、本州とは違って宮古島の業者がいろいろと納入していますので、比較的ローカル色が強い傾向にあります。コンビニに行くだけでも、本州とは違って宮古島ならではという商品がたくさん並んでいます。

宮古島のコンビニにもATMもありますので、利用手数料と時間外手数料さえ支払えばどこの銀行の口座であっても使用することができます。最悪現金がないのであれば、ここでお金をおろすしかありません。

■コンビニはやはり便利である

宮古島でもコンビニがあるのかどうか気になるところではないでしょうか。宮古島でも市街地を中心にコンビニが存在しています。コンビニはファミリーマートしかありませんが、市街地であればたくさんあることが分かります。そこでは現地のものもたくさん販売されていますので、便利ではないでしょうか。

子どもは人数の数え方が変わる?

家族で旅行もいいものです。もしもお子さんが小さくても、家族で旅行することでいい思い出にもなります。また、今だと格安航空券も出てきていて、海外はもちろん国内でも旅行しやすくなりました。
沖縄もそうした格安航空券で安く行くことができます。さらにそこから宮古島へいってみるのもいいでしょう。

■レンタカーを借りるけど人数が
車に乗るときには定員があります。それをオーバーしないように、車の車種も決めなければなりません。
ここで、実は子どもがいたときにすこし人数の数え方が変わると知っていますか。
実は子ども1人が必ず定員1人としてみないようになっているのです。
ただし、これは12歳未満の場合に当てはまります。たとえば以下の通りです。
お子様1人だと、大人1名となります。
お子様2人だと、大人2名となります。
お子様3人だと、大人2名となります。
お子様4人だと、大人3名となります。
お子様5人だと、大人4名となります。
1人以上の場合にカウントが変わるので、よく確認しておきましょう。

■チャイルドシートは必要?
小さなお子さんがいると、車にはチャイルドシートが必要となってきます。これは必ずで、義務付けられています。一応免除されるケースもあり、病気や怪我のためにチャイルドシートを使うのが難しい場合です。健康なお子さんには必ずチャイルドシートに座らせましょう。

なお、チャイルドシートについてもレンタカー会社がオプションとしてきちんと用意しています。予約するときにオプションとして、指定をしてください。当日に急に必要もいっても、レンタカー会社が用意できない可能性もあるので、前もって指定を忘れないでください。

なお、設置については利用者が自分で取り付けることもあります。そうなると出発に時間もかかるかもしれません。次の予定にも気を付けましょう。

■事前によく確認を
子どもの人数も車種や料金に関わってきます。レンタカー会社で変わることがあるので、しっかりと確認しましょう。そして、子どもと楽しく、レンタカーを利用してください。

初心者が運転しても大丈夫だ

レンタカーは便利だと思っていても、やはり自分の車でないから、不安に感じることもあるかもしれません。万が一ぶつけたらどうしようとか考えるかもしれません。
レンタカーがはじめてな人やまた、運転初心者でも宮古島での運転が大丈夫なのか見ていきましょう。

■宮古島は運転しやすい
沖縄本島だと、朝夕のラッシュアワーやバスレーンがあるなど気を付けることもあります。しかし、宮古島だとそれほど気にせずに運転できるので、運転しやすいところと言えます。
また、交通の流れもスムーズなので、あまり緊張せずに運転できそうです。
信号も宮古島市から村へと進むにつれて、減っていきますから、信号に引っ掛かってイライラするということも少なさそうです。道も舗装はされていますから、安心して運転できるでしょう。
観光スポットも探しやすいところにあるので、安心して行くこともできます。

■車は無理しないこと
宮古島のレンタカーだと、車種も豊富です。軽自動車からミニバンや外車まであって選ぶのも楽しめそうです。
普段乗らないような車に乗るのも、実はレンタカーの楽しみのひとつです。しかし、レンタカーはじめての人や運転初心者、ペーパードライバーの人はなるべくは乗りやすそうな車や普段のっているものに近いもの、また軽自動車にした方が無難です。

なお、車を運転する人は必ず全員運転免許証をレンタカー会社に提示する必要があります。そのとき、初心者だと利用するのを控える、断られる車もあったりします。素直に申し出ておくことも必要です。

■交通ルールは守ろう
なお、宮古島でも警察が検問したり、パトロールはしています。スピード違反したり、飲酒運転をすると検挙されるので要注意です。
最近では、運転中に他の車とのトラブルも多発しています。煽りや遅いからといって車を停止して、そこからトラブルもあります。
もしも、後ろの車が急いでいるようなら、道を譲ることが安全な運転にも繋がります。宮古島だと譲りやすい道路となっています。

宮古島は、初心者でも安心して運転できるところに間違いありません。