脱毛サロンでの施術は肌トラブルが生じていても大丈夫?

肌トラブルが生じている人は、まず脱毛サロンでのカウンセリングを受ける必要があります。では許可が下りた場合、どのようにして施術が行われるのでしょうか?この点について見ていくことにしましょう。

光の威力の調整が可能

肌トラブルがある人に対するフラッシュ脱毛の施術は、健康な肌を有する人に対する施術と同じです。しかし使用される特殊な光の威力に調整が加えられます。フラッシュ脱毛は特殊な光をムダ毛に照射して毛根に熱を加えていき、その熱によって毛根を弱らせるという施術です。健康な肌を有している人の場合、光の威力を強めに設定して毛根にたくさんの熱を送ります。しかし肌トラブルが生じている人の場合は光の威力を弱め、少しずつ毛根を弱らせていきます。
当然のことながら毛根に熱を加えるとその周りにある神経組織に刺激が加わります。肌トラブルが生じている人の場合は神経組織が過敏になっているために、強めの光を照射すると痒みや痛みが生じてしまいます。こうしたことを避けるために、光の威力を弱めに設定してあるのです。

施術後は肌への刺激が減る

先にも述べたように肌トラブルが生じている人は神経組織が過敏になっており、ちょっとした刺激が痒みや痛みを引き起こします。そのためこの状況でムダ毛を抜いたり、剃刀を肌に当てて剃ったりすることは、肌トラブルを悪化させかねません。しかしフラッシュ脱毛でムダ毛を脱毛してしまえば処理する必要はなく、肌を傷めることはありません。
フラッシュ脱毛は永久脱毛には至りませんので、施術後しばらくするとムダ毛は再び生えてきます。しかし施術後に生えてくるムダ毛は弱々しく、細いものです。そのためムダ毛を抜いても肌に大きな刺激は加わりませんし、剃刀を軽く当てて剃るだけでもきれいな処理が可能です。このように脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は、大きなメリットをもたらすのです。

関連する記事