海の色がきれいな来間大橋をドライブするのもいい

宮古島には離島をつなぐ大橋が3つあります。その中でも今回紹介する来間大橋は橋から見える海の色が絶景と呼ばれています。橋の長さは全長1,690mで、宮古島と来間島をつないでいます。今まで船でしか行くことができなかった来間島へも車で行くことができるようになっています。宮古空港からレンタカーを借りて車で15分ほどで行くことができますので、ぜひとも海のきれいさを確かめてください。

■歩道があり徒歩で渡ることができる

来間大橋は何といっても端から見下ろしたときにそこから見える海の色がきれいということで評判になっています。それはなぜかというと、宮古島と来間島の海峡は流れが速く常に水が循環しているために、とても透明度が高くなっているからです。さらに、適度に深いために、いかにも海の色に吸い込まれるような感じがするのではないでしょうか。

橋の上を車で渡るというのもいいかもしれませんが、そこで止めることは交通違反になります。せっかく歩道がついていますので、宮古島側の前浜農村公園の駐車場で車を止めてから、来間大橋を徒歩で渡ってみるとさらに近くから海の風景を眺めることができるでしょう。途中に展望台があって座るところまでありますので、じっくりと楽しむといいです。

■竜宮城展望台で絶景を楽しむ

車で来間島に入ったのであれば、丘の上にあるお城のような竜宮城展望台と呼ばれる3階建ての建物がありますので、前島ビーチや来間大橋、伊良部島の全景、並びに全面に広がるエメラルドグリーンの海を見るというのはいかがでしょうか。トイレやお土産物屋、休憩スペース、カフェなどもありますので、そこで見る絶景を楽しんでみてください。

■海をじっくり眺めたいなら来間大橋がオススメ

宮古島には大橋が3つあり、その中でも来間大橋は海の色が透き通ったエメラルドグリーンのように見えます。車で来間島まで渡ってしまうのもいいですし、手前で車を止めて徒歩で渡るというのでも楽しいのではないでしょうか。

関連する記事