路線バスの本数が少ないので、宮古島ではレンタカーを借りて移動しよう

今やバス路線において需要があるところについては本数や路線数が多くなりますが、地方になればなるほど本数が少なくなるという傾向があります。もしかすると、1日に1本というような路線もあるのではないでしょうか。宮古島においても路線バスは走っているわけですが、本数がそれほど多いというわけではありません。そうであれば、レンタカーでの移動を前提においた方がいいでしょう。

■バスの本数はとても少ない

宮古島の島内にはバス会社が3社あり、路線数が9系統あります。路線数が9系統ありますが、観光客のために設計されているわけではなく、生活に根差した路線が多いということです。そのため、通学時間帯は本数がそれなりにありますが、日中は2時間おきということも十分にあり得ます。学校が休みに当たる土日祝日になるとさらに本数が少なくなります。

バスを使って移動するのは、車の免許がない学生たちもしくはご老人が中心です。観光客が乗ったとしても全然おかしくはないわけですが、かなり珍しがられたりするほどです。

■レンタカーのほうが自由に回ることができる

運転免許がないのであれば、バスやレンタサイクル、タクシーなどの利用をしないといけないわけですが、免許があるならばレンタカーを借りて移動をした方がまだ自由に効率的に回ることができるのではないでしょうか。

観光客にとってバス路線がそれほど使えるものではないということであれば、自分たちで自由にいろいろなところをまわったほうがましだと思うのは無理がありません。自分たちのペースでじっくりとレンタカーで移動をするということは、それだけ宮古島観光を楽しむことができるということでもあります。

■運転免許がある人ならレンタカーのほうがいい

宮古島の路線バスは路線数はそれなりにありますが、本数はそれほど多いわけではありません。運転免許があるならばバス路線に影響されながら観光をするよりは、レンタカーを借りて自分たちのペースで廻ったほうが十分に楽しめるのではないでしょうか。

関連する記事