キャンセルについては早めが一番

観光でレンタカーを借りたいと言う人も多いでしょう。沖縄だとモノレールもありますが、地域も限られていますから車を使わないといけません。
離島だと車となってしまいます。そして、観光シーズンの真っ只中だと、予約をとるのすら大変です。
宮古島でも予約も殺到していますから、早め早めの予約が大切です。

■せっかくとったのにキャンセルも
とはいえ、いろいろな事情なとで急遽キャンセルをしなければならないときも出てきます。そんなとき、どうしたらいいのか気になりませんか。
さらに料金がどうなるのか気になるでしょう。

まず、キャンセル料についても発生する時期が変わってきます。まず7日前までにキャンセルする場合には、料金はかかりません。
次に3日前までだと、総料金の20%がキャンセル料となり、支払うこととなります。
そして利用する前日だと、総料金の30%を支払うこととなります。
最後に当日となると、総料金の50%を支払うこととなります。

おおよそこのように、日にちと料金の何%という具合で料金体系が決まっていることがほとんどです。詳しくは各レンタカー会社のホームページでチェックしてください。かならずキャンセルについては利用規約やキャンセルについてという項目や質問箱などで、説明が記載されています。

■やり方は電話かインターネットで
キャンセルの手続きも、インターネットでできるところとできないところと分かれています。
キャンセル料金や支払いも気になるところですので、電話の方がいいでしょう。気になることは、すべて確認をすることをオススメします。

また、レンタカー会社によっては予約の変更も実はキャンセルをしてから、再度予約の取り直しもあります。そのときもキャンセル料金を一旦支払いしなければならないケースもあるので、要注意です。

■安易に予約しない
やはり早めに押さえたいからと、安易に予約すると、あとあとキャンセル料金も発生する可能性も出てきます。なるだけ確実に利用するときに、予約することが一番です。
もしもキャンセルするのであれば、すぐに連絡するのが一番です。

関連する記事