テレクラ遊びの成功例・失敗例

テレクラは今でいう出会い系の元祖かけ橋となる場所になりますが、男性にとっては本当に理想の女の子に出会える場所なのか?と気になるものです。
使うのであれば、自分の思った通りの出会いがしたいと思いますよね。
ではテレクラを利用するにあたって、どのような場合が成功で、どのような場合が失敗なのか検証してみましょう。

【テレクラを使った成功例】

テレクラは個室で女の子からの電話を待つ事になるので、こちらから電話をかける事は出来ません。
そして女の子からの電話は一度フロントへ繋がり、そこから個室へ回されるというシステムを取っている店舗が多いようです。

店舗の方針で、女の子の要望に合った男性へ回す事もあるようなので、自分が当てはまれば沢山電話がなる!と言えるのです。
成功例としては、やはり短時間で女の子からコールがあり会話が弾み、お互いに興味を持ち、待ち合わせをしよう!となります。
しかしそこで安心してはいけません。
待ち合わせに来ない女の子もいるので、待ち合わせ場所に来て会えてこそ成功と言えるでしょう。
そして、遊び方にしても即ラブホがOKな女の子ほど男性からすれば大成功で、そこからセフレになれば大大成功なのです。

では失敗例はどのなのでしょうか?

【テレクラを使った失敗例】

まずなかなか女の子からのコールが無いという事もあります。
それはその日に女の子からの電話が少ないという場合もありますし、女の子の出す条件に当てはまらなかったのでコールが無いという事もあります。

また、コールはあったけれども女の子と会話が成立しないという事も多くあります。
ただ、興味本位でテレクラに電話をしてみただけ!という女の子も多いからです。

そのような場合は女の子と会話で楽しめる事もなければ会う事もないのです。

【これぞテレクラの遊び方!】

このようにテレクラとはその日のあなたの「運」で楽しさが大きく変わるものです。
それを分かってて楽しむというもの一つの方法ですし、「運試し」という遊び方でテレクラを使ってみるのもいいのではないでしょうか?

関連する記事