宮古島を観光するならレンタカーは必要ではないか

沖縄に行くにしても沖縄本島で観光をするというのもいいかもしれませんが、他の離島にも行ってみたいということであれば、石垣島や宮古島のように有名なところもあります。今回は特に宮古島について取り上げていき、観光をするのであればレンタカーはどうしても必要不可欠ではないかということについて詳しく解説していきます。

交通手段が乏しい

レンタカー
沖縄本島であれば比較的バスが走っていたり、那覇市内であればゆいレールと呼ばれるモノレールが走っていたりします。しかし、宮古島での公共交通機関はバスとタクシーしかないです。バスにしても観光者のためにダイヤを組んでいるわけではありません。そうなると、バスではどうしても周遊するのに待ち時間など無駄になる時間がどうしても出てきてしまいます。行きたいところについてもバス路線と本数に左右されます。

観光タクシーと言って主要な観光地まで連れて行って、ガイドまでしてくれるサービスを実施していますが、レンタカーが借りられるのであれば、レンタカーのほうがどう考えても料金は安いです。自分たちの行きたいところにピンポイントに行けるのであれば、レンタカーを借りるのが一番いいです。

飛行機のチケットを取るタイミングでレンタカーの予約をする

宮古島に行くのであれば、飛行機のチケットを必ず取ることになります。その時に合わせてレンタカーの予約をしたほうがいいです。希望する車種などがあるならば事前に確保しておきたいところです。レンタカーが取れないともなると相当移動するのに苦労を強いられることになりますので、いち早く確保しておきましょう。

宮古空港の周りにはレンタカー会社が多くあります。空港に到着すればレンタカー会社のスタッフと待ち合わせをして、事務所まで送迎してもらえます。事務所に手続きを完了したら、いよいよレンタカーでの移動となります。空港に到着してからよっぽど混雑していないならば、1時間ぐらいにはすべての手続きが完了して移動をすることができるでしょう。

レンタカーの料金としては軽自動車でオプションを付けなければ観光シーズンで1万円前後、オフシーズンで5千円前後といったところでしょうか。詳しくは、レンタカー会社のホームページなどを参照して頂きたいです。

運転マナーを守る

マナーを守るレンタカー
宮古島に限る話ではなく、必ず運転マナーについては守るようにしてください。あまり車が走っていないので、そういうところがおろそかになる可能性がありますが、物損事故もしくは人身事故が起こらないとも限りませんので、そこのところは楽しい旅になるように各自が気を付けましょう。

宮古島には市街地を除きますと交差点であっても信号がついていないというケースがあります。信号がついていない場合には衝突事故が起こる可能性がありますので、急な飛び出しが無いかどうか確認しながら進みましょう。

宮古島には野生動物が生息しており、特にヤギが多いです。もしかするとヤギが道路上を飛び出していくということもあり得ますので、十分に気を付けながら運転して頂きたいです。

そもそもの話、都会に比べると交通量が圧倒的に少ないというのが特徴的です。交通量が少ないのであれば、それほど運転において焦る場面というのは少ないでしょうから、初心者であってもすぐに慣れてきますし、スピードをそれほど出さずにも済みます。そのため、運転初心者であってもレンタカーを借りるのにも苦は無いと言えます。

時間を意識して観光をする

宮古島ともなると時間がゆったりと流れているように感じてしまいますが、飛行機の時間などを気にしながら観光は行うべきでしょう。行きたいところであればレンタカーで行くことができますので、観光がしやすいところはありますが、レンタカーは必ず返却しないといけません。それに土地勘がない場所になりますので、もしかしたら迷うということもないことも十分あり得ます。

レンタカーを返却する時間によっては帰りの飛行機に間に合わないということもあるでしょう。そうならないためにも、早めの行動を心掛けることです。レンタカーを返す時にはガソリンスタンドで満タンにしないといけませんので、具体的なガソリンスタンドの場所もある程度知っておく必要があります。カーナビがついていればそこまでの場所を案内してくれるでしょう。

ガソリンスタンドに関して言えば、市街地には24時間営業をしているところも中にはありますが、市街地から離れると営業時間が短かったり、休日は休みというところもあります。直前になって焦らないように事前にどこに行くのかを決めておきましょう。

宮古島はレンタカーが必要になる

宮古島を観光する時には交通手段があまりありませんので、レンタカーがどうしても必要になります。レンタカーで移動をしていろいろな観光地を廻ることになるでしょう。移動する時には自己に合わないためにも交通マナーを守って観光をしてください。時間に余裕を持ちながら行動をすると何かあった時にもそれほど慌てずに済みます。

テレビを見ていると、沖縄を観光して回るといった番組も時々あります。ここ最近になって、沖縄の離島である宮古島を観光するという企画も増えました。芸能人でもリピーターも多いようです。
そんな宮古島、移動するときに欠かせないのはレンタカーです。

宮古島ってどこにあるの?

宮古島は、沖縄本島からさらに800キロ離れたところに位置しています。飛行機だと、30分から40分ほどで到着することができます。
宮古島とひとくちにいっても、そのまわりにはさらにいくつもの小さな島があります。池間島、来間島、大神島、伊良部島、下地島、多良間島、水納島の8つの島があります。ここ何年かで話題になったのは、これまでフェリーでしか移動できなかった伊良部島に橋ができてことです。国内でもトップクラスの長さです。これにより、伊良部島にも訪れる観光客が増えると、かなりの期待が寄せられています。もちろん、橋だけでも観光スポットとなります。車で渡るのが一番ですから、やっぱりレンタカーも必要となってくるでしょう。

なお、宮古島は鉄道はないのでタクシーかバスとなります。車だと半日ほどで回れますが、観光スポットはけっこう場所場所で離れているため、タクシーやバスだと不便に感じそうです。やはりレンタカーを借りた方がスムーズに計画的に観光スポットは回っていけそうです。

予約から始まる

レンタカーを使うときにはまずは、予約から始まります。宮古島は観光客も多く、夏場がやはり一番の繁忙期です。この頃はレンタカー会社も忙しくて、車の予約もすぐに満杯になってしまいます。そのため、借りれなかったり、人数が少ないのにバンなど大型車しか借りれないなどミスマッチの恐れもあります。まずは早めに予約することがオススメです。キャンセルすると料金も発生しますが、1週間以上前ならば無料となるので、やはりキャンセルするときも早めにするのが一番です。

予約するときにはインターネットで検索してください。車のタイプや人数も気にしてください。あと、大型車や外車によっては運転歴がチェックされることもあるので要注意です。ペーパードライバーや初心者は軽自動車やコンパクトカーを選んだ方が無難です。
今だと、最安値や比較サイトも増えていますから、そうしたところから探すとより安い車や乗りやすそうな車が見つかるでしょう。

当日は出迎えしてくれる

あらかじめ飛行機の便などもレンタカー会社へ通知しておくと、空港まで出迎えしてくれたりします。名前のかかれたカードを出した迎えるところや空港のここで待ち合わせなど、会社ごとに迎えの形も変わります。これだと帰りも空港まで送ってくれるので、会社から飛行場までまたタクシーを使うことなく便利です。

あとは事務所で手続きとなります。この時、支払いや注意点など説明があるのでしっかりと聞いておきましょう。特に事故起こしたときの対応やまた、車を汚してしまった、車が何らかの理由で使えなくしてしまったとき、保険や料金がどうなるか確認しておいてください。基本的に、事故やなんからの理由で車が使えなくなると、別途支払いが2万円から5万円ほどかかります。ノンオペレーションチャージとも呼ばれています。これも確認して、必要に応じて手続きしてください。

それから、運転免許証の確認があります。これは運転する人全員です。もしも大人が複数人いて、交代することも予定していれば全員、運転免許証の提示が必要となります。

そして、いよいよ車の貸し出しとなります。このときにもすぐに貸し出しではなく、スタッフと一緒に車の回りを確認し ていきます。あらかじめ傷がないかなど、確認します。こうすることで、返すときの傷の確認などがスムーズにいきやすくなり、トラブルも回避しやすくなります。こうした確認もないところは、少し怪しいと考えた方がいいかもしれません。
あと、車についているカーナビについても操作を聞いておいてください。運転してから使い方がよくわからないなんて話もけっこうあります。

返すときのポイントは

返すときは時間や期限を守ることです。それをすぎると、一時間単位や1日単位で延長料金が計算される仕組みです。なお、遅れるときには前待って連絡するのがルールです。中には、あらかじめ連絡することで、延長料金が安くなるケースもあるので、早めの連絡をしましょう。

あと、返すときにはガソリンは満タンが必須です。空港のそばや宮古島市街地にはガソリンスタンドもありますので、余裕をもって給油してから返却しましょう。なお、宮古島だと、ガソリンスタンドも24時間営業も数が限られており、また、日曜日など定休日があるガソリンスタンドもあります。なので、ガソリンスタンドの位置もレンタカー会社のスタッフに聞いておくといいでしょう。

返すときにも、スタッフと一緒に傷のチェックをしてから完了となります。

説明はよく聞くこと

レンタカーの手続きは簡単ですが保険や補償など、わかりにくいところもあるのできちんと確認してから出発しましょう。そうすることで安心して、レンタカーの運転もできるようになります。